FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁姑

   読売の、発言小町などの相談サイトを見ていますと、嫁姑問題が多いですね。嫁の側が夫の実家に行きたくないという悩みや、姑側から、もっと孫の世話をしてやりたいのに、させてくれないとか、色々あるのは当然ですが、私が見るところ殆どの場合、問題は姑側と夫にあると思います。

   姑というのは嫁に比べて古い世代ですから、自分が嫁の時には姑に仕えさせられた経験を持つ人が多いでしょう。だからどうしても嫁に同じ事を求めるということはあるでしょう。時代は変わっているのですけれど。しかしそういう世代ギャップの問題よりも、近年、嫁姑が上手く行かないのは姑が自分の息子を世の中で一番大事なものと思っていること、息子の方もそれに応えようとする夫が多いことが根本の問題だと思います。

   母親にとっては子供は宝物です。特に男の子は至高の存在です。女の子とは友達的になれるのに、男の子は自分の一部かそれより大事なものに思えるのでしょうね。逆に父親は娘を溺愛する場合が多いのと反対です。擬似性愛というらしいです。親子でも恋人的な感覚が濃くでるのでしょう。

   そこへ嫁が来ると、一種の恋敵のような感覚が生まれます。だから意地悪したりします。もちろん同居しないかぎり、出来るだけそういう感覚は見せずに良い義母を演技しますので、最初はいいお義母さんというように思われることが多いでしょう。しかし、付き合いが深まると、言葉の端々に、行動の一つ一つに、嫁には、あんたなんか敵なんだからねというような態度があらわれてきます。結婚当初からは嫁の義母に対する感覚は悪化の一途でしょうね。

   ここで問題は夫の態度です。夫がちょっとでも母親をかばうような態度を見せたら、夫婦間に亀裂が始まります。夫は若し妻を大事に思うのなら、100%妻の味方をしないといけません。夫婦間は簡単に壊れますが、親子関係は絶対に切れるという事はないのですから、安心して妻に味方して、母親と喧嘩すればよいのです。

   ところがこれが出来ない夫が多いのに、相談を読んでいて驚きます。何故出来ないかと言うとマザコンの男が多いからでしょうね。特に日本では母親が息子を猫かわいがりして、ペット扱いすることが多いですね。心の中では成長して欲しくない、何時までも私の赤ちゃんでいてなんて思っているものですから、息子の方に自立心なんて生まれません。大体赤ん坊が生まれたら、赤ちゃんを母親のそばに寝かすのは日本だけらしいですよ。他の国では、特に欧米では子供は生まれた時から別室で子供だけで寝かせます。

   少し大きくなっても、母親は勉強、進学、交友関係から就職まで口にだそうとします。アメリカなら、自分の事は自分で考えなさいと突き放し、アドバイスを求められたら意見は言ってやる程度です。自分の型にはめて、自分の理想を実現させたいなんて思っていません。日本なら自分の夫は中小企業のサラリーマンだから、息子は大企業に入れたいとおもい、その方向ですべてを取り仕切ろうとします。息子の本当にやりたいことなど無視です。だから独立心が出来ません。

   こういう風に育った息子が結婚したら、嫁より母親のいう事を聞くに決まっています。殆どの場合夫婦間に亀裂がはいり、離婚に至る場合も多いと思いますよ。

   まあこんな風に育ってしまった息子が改心して、100%嫁の側に付くのは難しいでしょうが、妻、家庭を大事に思うのなら、母親とは徹底的に戦うしかありません。幾ら喧嘩しても親子は親子ですから、切れる事がないのですから。

   姑の側も、改心して息子夫婦にはかまわないことです。結婚して独立し
た息子は嫁のものであって、自分は嫁が自分に会いたいと思ってくれるような人間になるように努力するしかありません。友達になれるかどうかです。それ以外は息子一家と疎遠になるだけです。将来、自分が本当に困った時にも助けてくれませんよ。余程、従順なら譲ってやる莫大な財産や会社を所有しているのなら別ですが。
強調文
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/66-e2745ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。