FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方の公共工事

    新潟県の山中の国によるトンネル建設工事で漏れたメタンガスが爆発し4人が死亡するという悲惨な事故がありました。まことにお気の毒です。しかし、映し出された映像を見て、どうしてあんな山又山の山中に数百億円もかかるようなトンネルを作る必要があるのかという事です。説明によると、すでに道路はあるのですが、急坂のカーブが多く危険だからと言う理由だそうです。

    それは確かに、事故が良く起こるカーブの多い道路をトンネルでまっすぐにしてあげれば安全になるのはわかります。しかし、日本の人口はこれから減り続け、数十年後には8000万人くらいになってしまいます。という事は、こういう過疎地の人口の方が都会より減り方が激しいでしょうから、数十年後には誰も住んでいない地域になる可能性が高いのではないでしょうか?

   地元の強い要望があり、地元国会議員が働きかけて国土交通省が合意して予算申請して実現したのでしょうが、その背景には利権や省庁の勢力維持などさまざまな思惑により実現したと想像できます。そしてこの費用は国の借金でまかなわれ、返済は将来の都会住民、企業が行うしかありません。あの過疎地の地元住民が税金を払っているとは思えませんしね。

   八ン場ダムの場合でも同じようなことがいえるのでしょうが、あの場合は水利の受益者は一応首都圏各都道府県に及び、人口が非常に多いですから、必要性の議論はありますが、まだ理解できます。しかし、日本の人口動態から言って、将来人の居なくなる場所に、どんどん公共工事を行うのはいかがなものでしょうか?おそらくこの工事も、随分前に計画されたもので、こんなに人口が急激に減るという事が、世間一般に認識されていなかったころなのでしょう。そして一旦予算を勝ち取ってしまえば、そのご時代が変わり、情勢が変わっても工事を止める事はありません。

   国土交通省は日本全国各地に出先事務所を抱え、多くの職員を抱えています。事務所があり、この人たちがいる以上、遊ばすわけには行かないので、なんとか仕事を作ろうとします。そして地元選出の国会議員と語らって予算を取るのです。

   日本政府の財政赤字が膨大なだけではなく、毎年の予算も半分が借金でまかなわれています。しかし、過去に配分された未消化の予算はどうなっているのでしょうか?詳しい仕組みは知りませんが、何十年か前にダムを作る予算を通して、何百億かを割り当てたとしたら、その金はずっとどこかにキープされているのでしょうね。まさか予算が通っても実際に工事が行われるまで国の資金配分は行われないという事はないと思います。確か、コストが上昇して追加が必要なときだけその年の予算に計上されるはずです。(殆どの工事は、最初は小さく見積もるので足りなくなるのですが)

   もしそうなら、過去に予算を通して、実際にはまだ使われていない膨大な金が眠っているのではないですかね。もしこの考えが正しいのなら、すでに予算配分された全国の公共工事を今の時点でもう一度見直して、切れるものはどんどん切り、余った金をその年の予算の資金に使えば国債発行額が減らせるはずです。この辺は私ももうすこし勉強が必要ですが。

   これからの人口急減社会をどのように統治するのか、議論の時が来ています。前にも書きましたが、居住地域を制限して、殆どの過疎地を原野に戻す方向に持っていくべきです。居住地域は都会とその周辺。農林業に適した土地は大規模化して、少数精鋭で居住を認める。こういう線引きをやり直すべきです。これまでも線引きのやり直しは行われていましたが、むしろ成長に伴い、居住地域制限を緩和して来ました。それを逆に強化するのです。その際、先祖から住んでいるなどの事情は考慮しないで、半強制的に移住をせまります。

   もちろん基本的人権の問題や憲法の問題がありますから、どうしても移住したくないという人には強制はできません。その代わり、行政や国はその地域のインフラに一切金をだしません。自然の状態で自給自足でもしたいのならどうぞ。救急車も道路が通れなくなったのでいけませんよ、電気も水道も効率が悪いのでやめます、郵便も配達できませんという事になります。この人たちが税金をどんどん払ってくれている人なら行政も無碍には出来ませんが、殆ど払わずに、受け取りの超超過なのでしょうから、文句を言わさないようにして欲しいものです。移住してみれば、買い物、病院にも近く気に入る人が多いのですから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/60-4b954ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。