FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけ

   相談サイトでおばあちゃんの相談です。「息子一家が遊びに来ました。子供達が元気に走り回っているのを嫁が追いかけていたので、元気な良い子に育ったねといったら、嫁が涙を流して、お義母さんにそんな風に言って頂いたらうれしいです。いつも、周りからいやな目で見られて、どんなにいやな思いをしているかと言うのです。子供が元気に走り回ることがそんなにいけないことなのでしょうか?」という相談です。

   回答した読者の中には、子供が元気に走り回るのを見るのはうれしいのでいいではないですかと、非常識だ、いきなりぶつかられたりしたら危険だし、うるさい、しつけが悪いという両論に分かれました。

   私自身は長年アメリカに居て、この問題を考えさせられたことが何度もあります。レストランに行って、食べ終わったら走り回っている子供はすべて、日本人他のオリエンタルです。白人の子供は決して親が食べ終わるまで席から離れません。私たちが食べている最中を子供が走り回って、大概の人は、元気でいいねとは思わないと思います。私自身も不快でした。でも、親は平気。知らん顔です。

   恐らく、親は自分にとって可愛いのだから、他の人にとっても可愛いだろうと錯覚しているのではないでしょうか。ペットでも同じです。近所で犬がわんわんほえて迷惑していますが、飼い主は、○×ちゃんやめなさいとやさしくいうだけです。周りの人も可愛いと思っていると錯覚しているのですね。

   こういう点では欧米人のマナー教育はしっかりしています。欧米人は狩猟民族でワイルドな人種ですが、人前ではきちっとビヘイブできるように幼児期から教育されています。これが社会で生きていく上でも基本だからです。個人主義だから尚のことともいえます。いくら個人主義と言っても、一人で生きていけるわけではありません。人間はコラボレーションによって生きていけるのです。そのコラボレーションを得るためには社会のルールを守られなければなりません。そうでないと誰も相手してくれません。あの人と一緒にやろうとは思わないのです。

   ところが日本のような農耕民族のもたれあい社会では、常に他人に対して、甘える傾向にあります。ちょっとくらいゆるしてくれるだろうという気持ちを持っている人が多いですね。日本人は倫理観、道徳感はしっかりさいていて、犯罪も比較的少なく、他人にひどい迷惑をかける事はすくないのだと思いますが、ちょっとした迷惑は平気でかけます。

   欧米では自動販売機など持ち主の目の届かないところにおこうものなら、あっという間に金が盗まれます。人前ではマナーを守り、誰も見ていなければ何をするか分からないという事です。日本人は人前でも人の居ないところでも、ちょっとした事はやりますが、大それた事をやる人は少ないと思います。

   ですから欧米がよいというわけではありません。随分前ですが、アメリカでラジオ番組を聴いていると、この国で一番人気のあるスポーツ何んだか知っているかいと問いかけました。答えはワイフビーティングでした。映画などで見る、紳士が妻のドアをさっと開ける、レディファーストのマナーは、日本でも、男が女性に催促される習慣ですが、誰も見ていない家庭の戻ると、殴られるというわけです。(もちろん誰もがというわけではありません)

   ようするに表面だけのマナーに感心してもあまり意味がないという事です。しかし、元の子供を走らせる問題に戻りますと、やはりTPOを考えて欲しいものです。静かに語り合いながら食事している横を他人の子供達がギャーギャー叫びながら走り回っていては、楽しい食事も台無しです。子供が走り回るのは大賛成ですが、それは野外の公園や運動場に限るようにしつけるべきでしょうね。そのようにTPOを使い分けられるように教育したら、空気を読めないとか、大人になってから恥をかくようなこともなくなるのでしょうから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/59-970e11d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。