FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治不信

   小沢さんが新党を立ち上げました。国民の生活が第一とは何とも白々しい党名ですね。多くの国民は小沢さんがたとえ裁判で無罪になったとしても、彼のやってきたことに疑いの目を持っている事は明らかです。彼にとっての本当の第一は自己の権力保持と蓄財であり、談合の口利きなど多くの不正で蓄財をした結果が、巨額の政治資金と豪邸なのだと思っています。父親の代からのことなのでしょうが。

   新党の綱領が、消費税反対と原発反対ですからね。細川内閣で消費税と同じ物品税創設をたくらんで敗れたこともそうですが、原発に彼がこれまで反対していたという記憶はありません。国民の半分が消費税に反対、国民の半分が原発に反対であるのだから、一番選挙で受ける綱領はこれだと考えた結果なのでしょう。信念から来たものとはとても思えません。これは鳩山さんが、行く先々の演説会場で、何を言ったら一番受けるかを考えて演説したのと似ています。国際会議に行けばCo2削減を言えば受けるだろう、沖縄に行けば、基地移設反対が受けるだろうという調子で、信念とは無関係の発言を繰り返してきました。小沢さんも信念とは無関係の、どういったら選挙民をひきつけられるかを言ったにすぎません。彼は選挙のプロとよばれていますが、なにがうまいかと言うと、その時々、どう言ったら一番票が入るかをかぎつけるのが上手いという事なのです。

   こういう連中が政界の中枢にいるから、ますます政治不信が募ります。こんな連中に権力を渡したら、あっという間に変身して、とんでもない方向に政治が向かうのは目に見えています。こういうやからを選ばないためには有権者も余程注意が必要です。

   アメリカでは、議会は党議拘束はないので、過去の投票行動などがずっとトレースされます。日本の場合は、党議拘束で本人の考えが投票に現れませんから、難しいかもしれませんが、マスコミは各議員の過去の発言を詳細に記録して、選挙前に発表したらどうですかね。すべてというわけには行きませんから重要項目に対してです。憲法に対する考え、増税に対する考え、小さな政府、大きな政府、財政赤字、公共事業、選挙制度、外交、防衛、地方分権など、特定の項目を決めて、個々の発言を並べて、表にでもしたら選ぶほうも選びやすいです。途中でも過去に行ったことと反対の事を言い出したら要注意と出来ます。何も発言していなければブランクにしておくのです。そしたら考えを持っていないと有権者は判断できます。候補者本人が抗議すれば、調べて、公式に発言していれば訂正すればよいだけのことです。

   あまり複雑には出来ないでしょうから、主要争点項目で賛成か反対かを○×で表すようなやり方はどうでしょう。発言がぶれたことが有る場合は□などで表したらよいでしょう。そうしたら小沢さんの消費税に対する態度などは□ということになるでしょうね。過去の発言をすべてトレースする事は難しいでしょうが、新聞社の全国ネットを使えば出来るとおもいますが。

   本当は有権者が過去の発言をずっと監視していればよいのですが、現実的には無理ですからね。今回の民主党の騒動にしても、過去の経緯から見て、小沢さんが野田さんにあそこまで抵抗するとは、彼を選挙区で選んだ有権者も考えていなかったと思いますよ。あのようにぶれた人は選挙で落とさなければいけないわけですが、実際には、地元岩手の選挙民は小沢さんの政治信条や信念に投票しているのではなく、いかにこの地に国の税金で公共工事をもってきてくれるか、農民に補助金をくれるか、息子の就職の世話をしてくれるかなどの恩恵に対して投票しているのですから、私が上に書いたことはあまり意味がないのかもしれませんね。

   そういえば現役時代の東北にある取引先の社長さんが癌にかかりました。発見後、即、東京のがん手術では日本で最も有名な国立病院に入院し手術を受けました。見舞いに行ったら、本当は半年待ちなんですが、親戚のA議員に頼んだらすぐに受け入れになったと自慢していました。そのAさんは当時与党であった自民党の幹部でした。もう一つ私の同級生で大手出版社に就職した人がいました。彼の結婚式でそこの有名な社長さんがスピーチされ、彼はB首相に頼まれて採用しまいたと発言しました。彼の実家が当時首相の地元の有力者だったのです。その半年後にこの出版社がB首相逮捕のきっかけとなる記事を雑誌に掲載したのは何たる皮肉であったのかと思いましたが。

   私などまじめに主義、信念で投票するべきだと考えていますが、そんな人は都会にすむ、インテリ層に限られているのでしょうね。特に田舎のほうでは、いかに都会で出来た税金を自分のところに持ってきてくれるかが投票の基準になります。自民党が長期政権を維持できたのも、元首相のつくった高度成長による税収で地方を都会並みにしようという政策によるものでしょう。票と利権が税金で自動的に入ってくる仕組みを作ったのです。過ちは首相が失脚して、高度成長も終わったのに、今度は借金で同じ事を続けたことでした。小沢さんはその申し子みたいな人ですが。

   こう考えたら民主党もそうですが、自民党にも投票する気は出ませんが、自民党は小泉さんが一度この流れを断ち切りましたから、それ以降は少しはましになったのではないかと、ほのかな期待があるのですが。とにかく小泉以前に自民党にあんな政治モデルをやらせた選挙民が悪いのですが、簡単に治りそうにもありませんかね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/52-af25ea04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。