FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水平分業

   日本の大手家電メーカーが軒並み巨額の赤字を計上するそうです。これらの企業は自動車と並んで日本の代表的な輸出企業ですので、日本の輸出競争力の減退を物語っているかのようです。背景は円高とウオン安を背景にした韓国企業の攻勢とも言われています。その面も大きいでしょう。しかし、ソニーは終わったといわれるごとく、日本企業が高い技術力で次々と新製品を生み出した力そのものが無くなったのなら、その原因はそういう外的なものでなく、内に求めなければならないのかもしれません。

   日経のコラムに興味深い記述がありました。アメリカでの旧来のハイテク企業は東海岸型企業であったが、近年伸びているのは西海岸型である。東海岸型は垂直統合企業であり、西海岸型は水平分業型であというものです。垂直統合型は自社内で部品の生産からやる、いわば総合メーカーです。日本の大手家電メーカーもこのタイプです。このタイプは社内のしがらみが多すぎて、身動きがとれません。もっと優秀な部品を作った他メーカーがあっても、自社のその部門をつかってやらねばならないとか、ある部門の若手が画期的な製品を考えても、古いタイプの製品を作っている製造部門に遠慮してしまうとか、この製品は今の社長が部長時代に開発したものだから、スクラップできないとかさまざまなしがらみです。

   ウオークマンで一世を風靡したソニーが、MD製造部門に遠慮しているうちに、アップルにI-podを出されてしまったのが典型的な例ですね。I-pod程度の製品のアイデアはソニーに無かったはずはないのに、社内のしがらみで、負けてしまったのですから、 敵は社内にいるということですね。

   かつてはマイクロソフト、そしてアップルからグーグル、フェースブックとアメリカ西海岸には次々と新しい企業が現れて、急発展を遂げています。創業者はすべて20歳ちょっとの若者です。フェースブックなど10年で7兆円の時価総額になるのですから、驚くべきことです。そして、こういう発想は垂直統合型企業には出てきません。そういう会社にも若者はいますが、上にしぶい顔をしたおじんがにらみを利かしていますから、思いつきはあっても、上司にさえ言う気もしないでしょう。理解されるとは思えませんからね。

   西海岸型企業は、分業というかコラボレーションの世界です。発想さえあれば、実現に必要なソフトから部品、組み立てまで、製品が出来るまでのあらゆる過程、部分が出来る人、企業を世界の中から探し出して、製品を作るのです。プロジェクトが終われば、さっと解散する仕組みです。それで出来てしまうから不思議ですがアップルの製品を考えれば分かります。もちろん、ITの発達が、コラボをやりやすくしています。こういう型ですから、各部分、段階で競争原理が働き、何千、何万の部品、ソフトの一つ一つに品質と価格の競争が起きるわけです。垂直統合型では自社の組み立て部門の効率が悪い、部品調達力が低いとしても、そこを使うしかないでしょうし、そんな品質ではだめだと文句を言ったら、入社年次上か、格上の人間が、何とか君、そういうなと丸め込まれて、競争力のない部品を使わされたりすることになります。

   日本の企業は今後ますます、問題が出てくるのかもしれません。日本企業でも、先日書いたユニクロの場合はかなり水平分業型になっています。東京に進出したあたりから、自社工場などもたず、中国のあちこちの工場に徹底的に指導して、安い高品質の製品をつくらせて来ましたからね。その会社の急発展を見たら、西海岸型が正しいことがわかります。ただし、今回、採用を、国籍不問、新卒、中途の別なしの通年採用としたことで分かるように、こういう事が出来る前提が、人材の能力本意の活用と、流動性です。要するに、ある仕事に必要な能力を持った人を外部からいつでも連れてくる体制です。それと若い人の発想をつぶさない、年功序列の否定です。

   今のように新卒採用、年功序列の人事制度を採っている、殆どの日本企業はこの波に乗り遅れるかもしれません。最近、商社の業績がよいですが、勝者本体は日本的人事システムをとっています。しかし、商社の事業は世界的にかなり水平分業型になっています。生産設備を持たない商社が多くのものの生産にかかわっているのですから、元から水平分業はお手のものです。他のメーカーもかなり体質を変える必要があるでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/5-19a0f79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。