FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生相談

   世の中にはいろんな悩みを抱えている人がいるものですね。読売の人生案内なんかは編集部で厳選しているので、そうばかばかしい相談は乗せられていませんが、編集部がカットしているものはずいぶんおかしな相談が多いのだろうと想像します。その点同じ読売のネットに出ている、発言小町というサイトはそれほど編集の手が入っていないのでしょう。中には炊飯ものの相談があります。

   「20代独身女性、初めて親元から離れてアパートに住み始めました。でも困っていることがあります。ワンピースのチャックを自分で上げられないのです。親元にいる時は親にやってもらっていたのですが。仕方がないのでお隣のドアをノックして出てきた男性に頼みました。何度かやってもらっているうちに、部屋から女性が来て、私の彼氏に変な事頼むなと怒鳴られました。仕方がないので斜め前のおじさんに頼むことにしました。彼は喜んでやってくれました。そうしたら、隣の男性がやってきて、もうあの彼女とは別れたからまたやらせてくれと頼んできました。どうしたらよいでしょうか。」

   こんな相談をネットに乗せるとは信じられません。もしかしたら男が読者をからかうためにやっているのかもしれませんが。もちろん多くの人が応えていましたが、みんなぼろかすでした。そのうちチャックを上げるのではなく、下げられるよ、そんなチャックのついた服着なければよいじゃないかとか。

   もう一つはそれほど奇異な相談ではありません。「20代男性です。能力不十分で会社を解雇されました。半年間求職していますがまだ見つかりません。相談は、失業したとたんに友人たちが皆自分から離れていくことです。自分から会おうと声をかけても応じてもらえません。前の職場で親しくなった彼女に声をかけても、また就職出来たら会おうねと断られてしまいます。」という悩みです。

   こういう悩みを感じている人は多いでしょうね。俳優の加山雄三さんも、事業が失敗して破産状態になった時、友達がみんな離れていったとはなしていました。全盛時には彼の周りにみんな集まって、自分が加山雄三の友人であることを誇っていた取り巻き連中が、金と名声を失った元スターには用はないと言うようなもので、世間は冷たいと嘆くのも当然です。

   本当の友達ならそういう事にはならないのでしょう。失業した人にしても、加山さんにしても、交際の目的が、本当にその人を好きだから付き合っていたのではなく、加山の場合はスターだから、失業した人の場合は、一緒に飲んだり、遊んだりする相手として選ばれていただけの事だったのでしょうね。遊ぶ金のなくなった男と付き合う理由がないということです。

  私自身は本当の友達と言うものが存在するか疑問に思っています。学生時代はわいわい一緒に騒いだりして、いつも一緒に行動するような仲間がいました。就職後も時間を見つけてはつきあってはいました。しかししだいに仕事が忙しくなり、転勤になり、結婚して家族が出来ると、徐々に疎遠になっていきました。その頃付き合うのは会社の上司、同僚、部下、そして取引先の人たちでした。この人たちは友達とは言えませんが、寂しさを感じることはありませんでした。そして引退後、ゴルフ場のメンバーになり、そこでゴルフを一緒にするグループができました。しかし、ゴルフを一緒にするというだけで、ハーフの合間に一緒にランチするくらいで、それ以上の付き合いはありません。学生時代の友人とは引退者同士で付き合いが復活しましたが、それでも年に数回一緒にゴルフをするだけで、べたべたした付き合いはありません。

   このように淡白に出来るのも、夫婦関係が良好だからかもしれません。定年離婚というのが多いそうですが、そういう羽目に陥った人は、寂しくて必死になって友達を探すのかもしれません。そこまでいかなくても観光地を熟年の女どうし、男同士で歩いている人たちが多い事。おそらく配偶者がいても、同居人以上の存在ではないのでしょう。その結果、自分の寂しさを紛らわすための、慰めになってくれる人が必要なのでしょう。しかし配偶者とうまくやれない人が友達とうまくやれるかは疑問ですね。

   だいぶ話は脱線してしまいましたが、要するに失業して友達を失った人も、そもそも友達なんかに頼るのが間違っているのだと言いたいのです。人間最後は一人なのです。自分一人で精神を安定させられない人は何らかの依存症と言えるかもしれません。やはり自分は人に依存しないで生きていくのだという強い心を持たないと幸せにはなれない気がします。強い心を持ちながら、同じ目的を持つ者同士がその目的達成のために一緒になるという交際が良いと思います。その際も決して、人の心にずかずかと入っていかないことです。過度に親しくなると嫉妬など余計な感情がうまれますからね。これが西欧流の個人主義だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/47-cf83ebb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。