FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化対策の決め手

国会で税と社会保障の一体改革の議論がおこなわれています。その中で世代間の不公平を是正するという言葉がつかわれていました。確かに今の仕組みと今後の人口構成から考えると世代間の不公平が存在するといえます。しかし、この不公平は何によってもたらされたかと言うと、引退して、年金や健保などのベネフィットを受ける世代が十分子供を作らなかった事に起因します。

   前にも書きましたが、今のような国主導の福祉制度が出来る前は、自分の老後は自分が準備した老後資金を活用するか、自分の子供に面倒を見てもらうかの二通りでした。このため、子供を出来るだけ沢山造り、しかも、親の面倒を見られるような経済力を持つ、やさしい子を育てるように勤めたはずです。今でも発展途上国では殆どの人がそうしています。ところが戦後になって、老後の準備が出来ていない人や、面倒を見てくれる子供がいない人のために、すべての子供(現役世代)がすべての引退世代を等しく面倒を見る仕組みに変えました。努力した人だけが報われる自由主義から、努力してもしなくても平等に恩恵を分かち合う社会主義的政策が採用されたのです。

   この結果、何が起こったかというと少子化です。自分が子供を作らなくても老後が安泰なら、金と手間のかかる子供を作らなくてもいいじゃないかと考える人が増えてしまいました。人が育てた子に面倒を見てもらおうと横着を決め込む人が増えたのです。考えてみると、生みの苦しみから子育てに金と時間を使った人と、稼いだ金をすべて自分の楽しみのために使った人が老後等しく同じベネフィットを受けるのは公平といえるのでしょうか?

   ですからこういう不公平を正すには、子供を生み、育てた人と、子供を持たなかった人とのベネフィットに差をつけることです。これが少子化を解消する決め手になるはずです。

   日経の経済教室にかかれていましたが、福祉国家が成功するには、国民の公共心が高い事が基本になるのです。国民はきちっと税金や年金保険料などをしはらい、公務員や政治家が汚職をしない国です。こういう国は福祉社会を作る資格もあるし、国民の福祉社会への要望もたかいのです。もう一つは、国民の公徳心の低い国も福祉社会への要望がたかいそうです。国民の多くがぶら下がりたがるからです。前者の典型が北欧諸国やドイツで、後者はギリシャのような南欧の国です。(先進国では)日本やアメリカはその中間としています。しかし、私は日本は中間より下ではないかとおもいます。政治家や官僚は自分達のことしか考えていないように思えますし、国民の納税意識も低く、国の福祉や補助金にぶら下がろうとする人も多すぎます。それと先ほど書いた、自分が子供もつくらないのに、他の人が育てた現役からの給付金でベネフィットを得ようとする人たちも似たようなものです。(そうは自覚していないでしょうが)

   日本の公徳心はこれ以上上がりそうにもありませんから、社会保障の財源がそれほど不足するなら、子供を育てなかった人たちの給付をカットするのがよいと思います。もちろん、子供が欲しくても出来なかった人もいるし、こういう人たちから文句が出るでしょうが、どういう事情にせよ、子供を育てなかった人は、子供の養育に関する費用を払わなかったわけですから、その金を老後資金に貯めておけばよかったのです。子供を何人も育てた人たちは、生活を切り詰めて育てたわけです。ですから福祉を受ける権利があります。社会に貢献したわけですし、福祉制度が出来る前の原点に立ち戻れば、この人たちが自分の子供達から面倒を見てもらえるわけですから同じことです。福祉制度が出来て却って損をしていることになります。

   民主党などの考える福祉の充実とは実は働かなかったり、社会に貢献しなかった人たちを、働いたり社会に貢献した人と同じく福祉を与えるという社会主義政策で、平等主義に見えて悪平等をつくっているのです。7万円の最低補償年金なんて、国民年金を払わない人たちが増えたから、払わない人にも年金をもらえるようにしてあげようという、これまで一生懸命年金を払ってきた人たちを馬鹿にする政策です。その金は消費増税を当てる政策ですが、まじめな人が損をする政策で良い社会が出来るはずがありません。金が天から降ってるわけではないのですからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/38-ed1a24b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。