FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年延長

    60才を超えた労働者の定年を65才まで延長する法案が提出されました。年金受給の開始が65才に延長されたことに対応した処置で、一見合理的にみえます。しかし、これにより恩恵を受けるのは大企業の労働者だけでしょう。中小企業の労働者は元々定年制や解雇規制などあって無きがごときものですからね。政府が延長を決めたからと、はいそうですかと、中小企業が能力が不十分な労働者を65才まで雇い続ける余裕はありません。

   大企業の場合は世間体もありますし、組合がうるさいですから、延長する企業がほとんどかもしれません。要するに、大企業の労働組合を支持母体とする民主党の組合へのサービスなのでしょう。そしてこの変更でしわよせを受けるのは非正規とこれから就職しようとする若者でしょう。企業が雇用し続けなければならない労働者が増えるので、当然調整が必要です。非正規を減らしたり、新規採用を減らすしかないのです。大企業労働者の既得権益拡大法案にすぎません。

   大体、能力と関係なく、60才とか65才とかになったら一斉に定年でやめさせるという制度がおかしいのです。本来は企業はその仕事に必要な能力をもった労働者をそれにふさわしい対価で雇用するのが自然です。しかし、企業のなかにはふさわしい対価でという部分を守らなかったり、優越した地位を利用して労働者を不当に扱う事があるので、労働組合が出来たり、解雇規制が法制化されたりの労働者保護の対策がおこなわれました。しかし、それが既得権となり、逆にふさわしい以上の対価を要求したり、ふさわしい能力を持たなかったり、不要となった人員を解雇できないことになってくると、バランスが崩れ、社会や経済全体をおかしくします。当然、このようにして守られている労働者の陰で、能力があっても雇用されない失業者が存在することになります。

   そして、このような労働者優位の条件が守られているのは大企業だけで、中小企業は能力がなかったり、不要になったら切られ、必要になったら中途採用を行うような、むしろ欧米型の雇用慣行が実施されていると言えます。もちろん一般的に中小企業の労働者の方が待遇が悪いのは事実でしょうが、能力がある人は、会社も辞められては困るから、厚遇せざるを得ないという市場原理も働いているはずです。

   今の大企業の雇用慣行や法令では、この市場原理が働かないようになっています。年功序列賃金ですから、定年間際の賃金が能力にかかわらず一番高く、だから定年になったら一斉に辞めてもらわなければならないのです。中には賃金にふさわしい人もいますが、大部分は働き以上の賃金をもらっていますから、一斉に辞めてもらわなければならないのです。

そしてその有能な退職者を10年以上前から韓国や中国の企業が大量に採用し、日本の技術が流出してしまいました。今の家電大手の苦境はそこからきています。いま中韓の企業は自動車関係の退職者をあさっているそうです。数年経ったら日本の自動車産業も苦境に陥ることでしょう。それも定年制があるためでしょう。能力のある人は高い賃金を払い、年齢にかかわらず雇用を続け、そうでない人は能力にふさわしい賃金を払い、能力がコスト以下になった時点で辞めてもらうという、形にしないと、日本の大企業は衰退していくでしょう。

日本経済も低迷を初めてはや20年、そろそろ雇用慣行を大幅に変革しなければならないという時に、労働組合の要求で定年延長や、製造業への派遣禁止など、規制を強化しているようでは話になりません。

こういう事を書くと、大企業に働いている人は自分はどうなるのだと不安や反発を感じる人も多いでしょう。しかし、能力が低いからやめさせられるのはかなわんと悲観的に考えるのではなく、能力を上げるように努力するとか、自分をより評価してくれる会社を探すとか、前向きに考えれば道はいくらでも開けます。プロ野球の選手なんか有能な人はどんどん賃金が上がっていきますし、行きたいチームを選べます。そしてそうなるために努力しています。

日本の大企業では、一部の待遇以上に能力の高い人が会社を引っ張り、能力並みの処遇を受けている人は別にして、能力以上の処遇を受けている人がぶら下がっているという構図です。この下の部分の人が、市場原理を導入することにより、目覚めて能力を高める努力をすれば、日本はもっとよくなるとおもいますけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/36-1990f5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。