FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナー教育

   先日、日本人にはマナー教育が必要だと書きましたが、このことをもう少し書いてみたいと思います。と言うのも海外に住んでみて日本人の子供のマナーの悪さを今さらながら思い出すからです。アメリカで中華料理店などに行くと、家族連れと出くわすことが良くあります。そこで日本人の子供とアメリカ人の子供の振る舞いは対照的です。

   日本人の子供は料理を待っている時や、自分が食べ終わった後、両親がまだ食べている間、間が持たずに椅子から脱出して、レストラン内を走り回ったり、ぎゃあぎゃあ騒ぎまわったり、泣きわめいたりします。これに対してアメリカ人の子供は決してそんなことをしません。公衆の面前では人に迷惑をかけてはいけないとしつけられているからです。

   腹立たしいのは、大概の親は子供のその振る舞いを止めようとしないことです。さすがに泣きわめいたときは、あやしたり、外に連れ出したりはしますが、楽しそうにフロアーを走り回っている時は放任する親が多いですね。おそらく、子供がかわいくてしょうがないし、他の客も同じく可愛いと思っているに違いないという、親ばかなのだと思います。

   日本人と言いましたが、実は日本人だけではなく、これはオリエンタル全般に言えることです。中国系も韓国系も似たようなものです。一つ言えることはオリエンタルは親子関係が白人系よりも濃密なのでしょう。自分の分身という意識があります。ですから子供にどうしても甘くなります。一方、白人は子供と言えども一個の独立した人格ですから、レストランなどできちっと振る舞えない子供は連れては行きません。子供もそれをしっているから、きちっと振る舞います。

   要するに日本人の親はなめられているという事です。大家族主義であろうが個人主義であろうが、人間には当然社会で守らなければならないルールがあります。そうでなければ社会が成立しません。守らなければ社会不安を巻き起こすような重要な事は法律で禁止されて、違反すれば警察が出動して、司法により罰せられます。しかし、法律で禁止されている事だけ守っていれば良いというわけではありません。人間同士が共存するためには、それ以外にいろいろ守らなければならないことがたくさんあります。

   それをきちっと守れて初めて、子供も社会にデビューできるのです。所が日本人の親はその最低限守らなければならないマナーを幼児期に教えていません。かわいすぎて、きちっとするまで罰を与えるなどの教育をようしないのです。あまりきつくすると子供に嫌われてしまうのではないかと恐れているかのようです。犬でさえ幼児期に排泄など最低限の教育をするのにです。

   私は教育の専門家ではありませんので、わからない面もありますが、やはりこういう基本的なしつけは幼児期に行うべきなのだと思います。人前で騒がない、運動や緊急の時以外はむやみに走らない、年長者のいう事はよく聞くことや、食べる時のマナー、電車、バスのなかでの振る舞いなど、きちっとしつけて、それが出来なければ幼児期はおしりをぶつ(スパンㇰ)とか、おやつを与えないとか、連れて行かないとかの罰をあたえるのです。

   ただし、アメリカ人は大人になってもマナーがしっかりしている人が多いですが、必ずしもそれが、いい人だということではありません。単に社会生活でのルールを守っているにすぎません。外では女性に対してレディファーストをまもり、ドアを開ける男が家に帰ると奥さんを殴るなど珍しい事ではありません。それでも奥さんとの問題は家庭の個人的な問題ですし、一般の無関係者にとっては、マナーを守っている人が好ましいわけです。逆に言えば人前でマナーを守らない人は相手にされません。

   日本の若者の学力低下がはなはだしいと言われていますが、根本原因にこのマナーの低下が影響していることも考えられます。教師のいう事をじっと聞けないし、友達と騒ぎたいという衝動を抑えられないからです。かわいい赤ちゃんが欲しいという動機で子供を持ったとしても、持った以上は社会人として育てる責任を持って欲しいものです。そしてその事、親が死ぬまで付き合っていくとしたら、親子と言えども、きちっとマナーを守る人間に育てておかないと将来自分が苦労するだけなのですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/23-3eaa3d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。