FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミニケーション能力

   自分はどちらかというと人見知りする性格ではあります。しかし就職先は商社を選びました。そして営業畑に配属され現役時代を過ごしました。元々商社というのは営業が目的の会社ですから、営業に配属されるのは当たり前のことです。同期でも経理や人事などに回された人たちはショックを受けていました。人見知りする自分が営業中心の会社を選んだのは華やかな外国貿易にあこがれたからでした。それでも、初めての相手に飛び込みで営業活動をするには勇気が要りました。幸い会社の名前で門前払いされることは殆どありませんでしたので、慣れると積極的に新しい取引先に飛び込んで行き、それなりの成功を収めました。

    しかし、そういう商社でもかなりの営業マンは先輩の作った取引先を引き継いだだけで現役を過ごしていました。単位の大きい企業同士の取引ですからそれでも、それなりの業績を残せるからです。決まった相手と飲んだりゴルフしたりで親密になれば商売になるという恵まれた環境だったかもしれません。この人たちもやはりひとみしりが私より強いのかもしれません。

    こんなことを書くのも先日取り上げたNHKのドラマを見たからです。大学で化学を専攻して、ペイント会社で色の調合だけを担当してきた人が突然失業しました。しかし、キャリアを生かす仕事はありません。一般的に職種として一番多いものの一つは営業職でしょう。営業と言っても色々ありますが、いずれにせよ人に物を売り込む商売です。多くの場合は初めての人に、はじめましてと売りこむのです。私のように会社の名前で相手がまともに相手してくれる場合などは幸運で例外的でしょう。ですからこの理科系の技術者がとつ全営業をやれといわれたら、そんなこと出来ないと思うのは当然かもしれません。

    しかし、どうもこういう人見知りの性格は日本人特有なものではないかという気がします。日本人は単一民族であるから、以心伝心が利き、だから言葉は多く必要が無いのだというような話があります。男は寡黙がよい、男のおしゃべりはみっともないとも言います。しかし、外国では全く逆です。アメリカ人の男は良くしゃべります。アメリカに居て驚くのは、知らないビルに行ってエレベーターに乗ったりしても、すぐ良い天気だなと話しかけられることです。むしろ彼らは人を見て黙っているのが苦手なのだと思うほどです。

    特にアメリカは他民族国家ですから、以心伝心はありえません。はっきり言葉で言い表さないと何にも伝わりません。ですから、アメリカでは子供の頃から家庭でも学校でもプレゼンテーション能力、コミニケーション能力を磨かせます。ですから、アメリカ人は他の事は出来るが営業は苦手と言う人はあまり居ないように思います。もちろん、営業は人としゃべれればよいというほど単純なものではありません。競争ですから、多くの工夫がいりますが、それは別問題でドラマの主人公は人に飛び込みで売り込むことが出来なかったのでしょうから、プレゼンやコミニケーションになれていなかったのでしょう。初めての人には以心伝心は通じませんからね。

   最近では日本独特の以心伝心主義以外にも、兄弟が少ない、近所で友達と遊ぶ機会がないというような若者が多く出来ていることでしょう。もちろん、気の合った友達がいればべらべらしゃべる若者が殆どでしょうが、営業は気のあった友達とするのではありませんから、友達以外の普通の人に自分の考えを伝える能力を磨く必要があります。その点日本では学校教育でプレゼンテーションの訓練をさせているところは少ないと思います。人前でどうどうと自分の考えを伝えられるようにならないと、これからのグローバル競争には勝ち残れません。技術者だから寡黙でよいというわけではないのです。


話は飛びますが選抜高校野球で石巻工業の安部主将がおこなった選手宣誓は感動的でしたが、どうどうとしていて大したものです。やはり甲子園に出るような野球部の主将になるような選手は違うものだと感心しました。

   日本には多くの優秀な若者が居ますが、どうもその割合が低下してきているようにも思います。自分の好きな道に精進して突き進んでいる若者はすばらしいですが、親から言われていやいや勉強している若者は結局何ものこらないまま、フリーターへの道を歩いています。こういう若者の情熱を引き出すような教育をするために文部科学省から現場まで、考えて欲しいものです。長年大学受験の準備だけの教育というワンパターンをそろそろ大胆に変えるべきときです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/20-1c420011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。