FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生の程度

  最近の調査では大学生の四人に一人は小学生程度の算数を理解していないという事です。これには驚かされますが、大学全入時代で、高校も大学も推薦入学と称するフリーパス、学力テストもなしに入学できる大学が私立の半分という事ですから、当然と言えば当然ですね。推薦入学と言えば恰好は良いですが、形式だけで、実態は誰でも入れる大学なのでしょう。逆に言えば、そういう大学がたくさんあるから、勉強する必要が無いという事でしょうね。

   今の社会の問題として格差拡大が叫ばれ、その背景の一つに、新卒が正規就職できず、非正規となり貧しい生活を強いられている事が挙げられています。しかし、小学生程度の算数が出来ない卒業生を大企業が正社員で採用すると思いますか?そんなことありえないでしょう。この人たちにとって、大学とはあと4年間遊べる場でしかないのでしょう。親が子供を大学に行かせる場合、そんな大学ならろくな就職も出来ないだろうから金の無駄だ、止めときと言わないのは不思議です。結局、子宮でしか考えられないお母さんの、間違った愛情なのでしょうね。

    そんなことになることがわかっているのなら、中卒あるいは高卒で手に職をつけるような道をすすませる方がよほど本人の為です。学校を出たら親は一切援助しないから、どうやって生きていくか自分で考えさせて、専門学校なり、職人に弟子入りするなりさせた方が余程良い結果がでます。朝ドラの評判が良いですが、小篠三姉妹も、洋裁の専門学校に進んであれだけの大家になりました。最初長女が美術大学に行きたいと言ったら、お母さんが、画家のプロとして生きていく自信があるのかと問い返し、自信がなさそうなので、それならダメと言いました。では自分はどうしたらいいのかと聞かれたら母親は、自分の事くらい自分で考えろと怒鳴り返しました。そして結局、本人の意志で洋裁学校に行ったのでした。母子家庭での話ですから、しっかりしたお母さんに感心しますが、今のお母さんは爪の垢でも煎じて飲んだらよいですね。

   こんな情勢で、政治家は格差拡大とか、非正規の増加とかを問題視していますが、良く言いますよね。文句を言うより、大会社が採用してくれるような人間になる方が先だと、なぜたしなめないのでしょうか。大手企業は日本人学生に見切りをつけて外国人学生を採用し始めています。この方たちも票を持っているから本当の事が言えないのでしょうね。特に民主党の場合は、再配分重視と称するばらまき政策で票を集めましたからね。

本当に大事なのは経済成長なのですが、民主党の悲劇は小泉政策の全否定からスタートしているので、市場の活用とか、規制緩和、民間の力を活用とかが言えなくなってしまっています。今、日本に必要なのは、社会に活力を取り戻すことです。そのために必要なのは再配分より新自由主義だと思います。経済が成長しなければ、再配分の財源も出てこないのですから。人間は競争を通じて成長します。人類の進化も適者生存で進化してきました。その原理を放棄して、経済成長はありえません。

先日NHKで、人類はなぜ人類になったのかというシリーズがありました。お金に関する考察で、今のアフリカの奥地のある村ではお金がない、みんなで獲物をとって平等に分けている。完全に自給自足で、その日の獲物をその日に分けておしまい、何万年と同じことを繰り返してきた村です。そこから少し離れた村の近くに街道が開通し、その影響で貨幣というものが持ち込まれました。そうなると、その村で一番獲物を採っていた男性は、一部は今まで通りみんなに分けてあげましたが、残りはお金にかえました。そのお金でいろんなもの買う事ができる事を覚えました。そうなると、お金を貯めるという事が覚え、これまで以上に一生懸命働き、貯めたお金でカカオの畑を買う事が出来ました。そして村の若者たちを雇い始めました。そしてしだいに男性はもちろん、村も豊かになり始めました。

この例は、原始共産社会で再配分しているだけでは何の進歩も起こらず、市場経済が導入されると、一生懸命働いて豊かになれることがわかります。小学校の算数もできない大学生は、原始共産社会の若者のごとく、働かなくても親から分け前を与えられてきたので働く気も、その準備としての勉強をする気も起らないのでしょう。

今、日経の私の履歴書を書き始めた大和ハウスの会長さんは、同居していた、祖母が厳しい人で、子供の頃おねしょうしたまま、布団を丸めて遊びに行ったら、祖母が見つけて、捕まえられ、納屋に閉じ込められた、昼に母親がおにぎりを持ってきたら、祖母が追い返し、夜になるまで縛られたまま放置されたと思いでを語っておられます。けんかして負けて帰ってきたら、相手が年上でも竹でなぐられたそうです。そして祖母の教訓は①うそとごまかしは絶対にだめ②人に迷惑をかけるな③喧嘩をしたら絶対に負けるな。だったそうです。これくらいの教育が本当は必要なのですがね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/12-0f9a8c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。