FC2ブログ

日本のここがおかしい

長年の米国でビジネスマン生活をリタイアして 帰国後、日本を覆う閉塞感を見かねて、ブログ をはじめました。5年後閉鎖となったので 引っ越しました。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALの再生

  日本航空が史上最高益を上げるというニュースに驚いた方も多いでしょう。民事再生法が適用され、稲盛さんが再建に乗り出された結果としたら、さすがの経営手腕だと思うでしょうね。それもありましょうが、実行力さえあれば、だれがやってもこうなったようです。再建の方向性は単純で、不採算路線を止め、余る飛行機をジャンボを退役させることで調整するという事でした。それと、債権カット、賃金引き下げ、人員削減を組み合わせたものでしょう。こんな事は、倒産のずっと前からわかっていたことでした。

   そのわかりきった事を、倒産と言う形をとらないと実行できないという所に日本の会社の問題点が浮き彫りにされているようです。要するに日本の会社にはいろいろなしがらみがあって、本当の経営上正しい方策がとれないのです。特に不採算路線の問題は、社長が出世するにあたり、いろいろな政治家や官僚のバックアップを受けた見返りに、政治家たちの地元の路線は維持するというような約束をしてきたので、いくら会社の採算が苦しくても、その路線を止められないのです。普通の会社なら選択と集中という標語の基にとっくに不採算路線など廃止されているはずですが、倒産と言う荒治療がないと実現できないというのは経営者失格ですね。

   かつてスティーブジョブズ氏が手本にしていたソニーの凋落も同じでしょう。アップルはi-podで劇的に蘇ったのですが、こんな製品は技術的に簡単なものです。アップル自体が自前の工場を持たず、外注で造らせられる程度のものです。ところがソニーはウオークマンで一世を風靡したあと、ミニディスク路線をとっていて、想像ですが、その路線を採ったトップが会社の有力者だったのでしょう。その人に遠慮して、アイデアとしては持っていたMP3などのダウンロード型の携帯音楽端末製品化を躊躇したと聞きます。これなども、日本の会社特有の社内のしがらみのなせる業です。

   こういう事が起こる背景に、日本独特の年功的な人事制度があります。能力主義と正反対の制度です。確かに会社に長くいると、それだけ経験も積み、人脈も作れますので、年功制度にはプラス面もあります。もしこういうプラス面もいれて、純粋に能力面で評価すれば、若い人よりも経験を積んだ人の方が地位が高くなるのも不自然ではありません。ところが日本の場合はどちらかと言えば能力面より年功面の方が強調されて評価されているように思えます。

   それは日本独特の先輩後輩の、精神的な風土があるからです。いくら能力があっても、年上の人を部下として使いにくいという気持ちです。年上の部下を自在に使いこなせるには、よほど卓越した能力の持ち主だけです。出る杭は打たれる日本社会で、石川遼のような若い人がトップ選手として君臨できたのも、能力が卓越したから、周りがそれを支持したからです。普通の選手なら先輩を敬わないと、いじわるされたりしてつぶされていたでしょう。

   それともう一つは日本の場合、地位にカリスマ性が付帯するのです。部長というと単に部をマネージするだけではなく、全人格的に偉いという雰囲気があり、そのように扱われないと面白くないというようなことです。ですから、路線について、部下から反対されたりすると、部長は自分のカリスマ性や人格が否定されたような気持になり、怒り狂う人もいます。仕事以外でも尊敬の念を表さない部下は干されたりして、およそ能力主義と程遠い事がおこります。そのうち部下は部長の気に入る事しかいわなくなり、部のために何が正しいかではなく、部長はどういう発言が気に入るかしか考えなくなります。

   私が実際に目撃したくだらない話。ある本部長が課長をどなりちらしていました。よく聞いてみると前の夜、本部長があるクラブに行ったら、お気に入りの子が先にきていたそのイケメンの課長についていて、ついに自分の席に来てくれなかった事を仕事場でどなっているのです。お前俺があの子を好きなのしってるだろという声が聞こえました。実に格調の低い話ですが、そんな程度のが本部長になっているのですから、あきれてしまいます。

   日本航空も、中間管理職クラスは、いつも、そんなの不採算路線を止めて、ジャンボをなくせばあっという間によくなるよと言っていたそうですが、そんな声が届かなかったのか、無視されたのか。しがらみだけで地位を得て、保ってきた上層部はしがらみの方が大事だったのでしょう。もっともその人たちは倒産と言っても、退職金をどうなったか知りませんが、それまで散々うまい汁を吸ってきて、辞めた後、悠々自適の生活をしているだけでしょうから、彼ら個人としては、うまくやったのと言えるのでしょうね。日本の企業も政治も、官僚も、自分中心で、国や会社を想う人がいなくなって、長期低落に入っていることが良くわかります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shonangentleman.blog.fc2.com/tb.php/11-42dc4a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

独言子

Author:独言子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。